学際的分野における学士課程構築を視野に入れた授業評価アンケートとその活用 Class evaluation questionnaires directed for the qualification of the undergraduate program and its applications in general education and cultural studies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大橋 眞 Ohashi Makoto
    • 徳島大学ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部・徳島大学全学共通教育センター Institute of Socio-Arts and Sciences, The University of Tokushima・Center for General Education, The University of Tokushima
    • 岸江 信介 Kishie Shinsuke
    • 徳島大学ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部 Institute of Socio-Arts and Sciences, The University of Tokushima
    • 光永 雅子 [他] Mitsunaga Masako
    • 徳島大学全学共通教育センター・徳島大学総合科学教育部 Center for General Education, The University of Tokushima・Graduate School of Integrated Arts and Sciences,The University of Tokushima
    • 中恵 真理子 Nakae Mariko
    • 徳島大学全学共通教育センター・徳島大学総合科学教育部 Center for General Education, The University of Tokushima・Graduate School of Integrated Arts and Sciences,The University of Tokushima
    • 齊藤 隆仁 Saito Takahito
    • 徳島大学ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部・徳島大学全学共通教育センター Institute of Socio-Arts and Sciences, The University of Tokushima・Center for General Education, The University of Tokushima

抄録

FD活動は、学士課程において平成20年度から、全ての大学においてその実施が義務化された。大学教育のなかでも、学際的な学問分野をどの様にして体系化いくかについては課題となっている。現在授業評価アンケートは、多くの大学で実施されているのが、その内容については大学の教育目標との関連づけなどに改善の余地がある。本稿では、学際的な分野における授業評価アンケートについて、ディプローマポリシーに関連する能力達成の項目を導入し、カリキュラム全体のチェックを行うことで、組織的な評価をおこなう。これを組織的なFD活動に反映させ、学士課程の構築を目指すことの可能性について考察する。Activity for faculty development (FD) was obligated in the course of bachelor in all the university from 2008. An establishment for systematic planning of curriculum for general education and cultural studies in university education. Although class evaluation questionnaires are already employed in most of the univesities,some problems such as lacking the object of education in each university remain to be improved.Qualification of the undergraduate program is required for establishment of the systematic curriculum for various levels or aims of study for students. In the present paper,we discuss on the significance of the reflection of class evaluation questionnaires included the achievement of competences in the class to check the valance of curriculum for evaluation of the university education.We also discuss on the possibility of reflection of the class evaluation questionnaires for the appropriate FD activities that have direction to the qualification of undergraduate program.

収録刊行物

  • 大学教育研究ジャーナル

    大学教育研究ジャーナル 7, 120-130, 2010-03

    徳島大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007604923
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1199130X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18811256
  • NDL 記事登録ID
    10645962
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-R151
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ