運動療法実践者の顧客満足と運動に対する動機づけとの関連性の検討:―理学療法士が介入している多施設間の横断研究―  [in Japanese] Examination of the relationship between customer satisfaction and the motivation for exercises among therapeutic exercise practitioner ―A Cross sectional study on the many institutions intervening physical therapist―  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

【目的】本研究では,理学療法士による運動療法実践者の顧客満足度向上の意義を臨床的な観点から検討するために,顧客満足と運動に対する動機づけとの関連性を明らかにすることを目的とした。【方法】理学療法士が介入している4施設において運動療法を実践している215名を対象に質問紙調査を行った。顧客満足度の測定にはCSSNSを使用し,運動に対する動機づけの測定にはBREQ-2を使用した。顧客満足と運動に対する動機づけとの関連について,施設ごとに相関分析とパス解析を行った。【結果】相関分析の結果,4施設とも,顧客満足は運動に対する動機づけのうち,自己決定的な動機づけと有意に関連していた。しかしながら,パス解析の結果では,顧客満足の下位概念と運動に対する動機づけとの関連は,4施設で一貫した傾向にないことが示された。【結論】運動に対する動機づけに影響を及ぼす顧客満足の下位概念は施設間で一貫しないが,運動療法実践者の顧客満足自体は運動に対する自己決定的な動機づけに影響を及ぼすと考えられる。

Journal

  • Physical Therapy Japan

    Physical Therapy Japan 37(2), 108-109, 2010

    Japanese Society of Physical Therapy

References:  9

Codes

Page Top