学生選書を通じてより良い図書館を作るために : 大阪産業大学綜合図書館「学生選書モニター」の事例報告と実施大学への調査結果 (<小特集>選書) Aiming for a better library through the introduction of book selection by students: anecdotal report of the event implemented by Osaka Sangyo University Library called "Selection of Books by Student Monitors," and findings from surveys of other university libraries conducting similar events

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>大阪産業大学綜合図書館では,1998年から,学生が書店へ行き,図書館の蔵書を選ぶ「学生選書モニター」を開催している。学生のために何かできないかと考えて生まれたこのイベントを企画・実施するに至った経緯と,現在までの実施状況,学生の反応や効果,図書館の利点と問題点について検証する。また,全国の実施大学を対象に行った学生選書に関するアンケート調査結果を報告する。</p>

収録刊行物

  • 大学図書館研究

    大学図書館研究 88, 1-11, 2010-03

    大学図書館研究編集委員会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007615363
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00136087
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    03860507
  • NDL 記事登録ID
    10732063
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-397
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ