医学モデルによる近代日本の社会秩序構築--渋沢栄一と光田健輔が果たした役割  [in Japanese] The construction of social order based on medical model in modern Japan: the key roles of viscount E. Shibusawa and Dr. K. Mitsuda  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

はじめに : ハンセン病者を強制的に療養所に隔離することを規定した1953年「らい予防法」は、1996年に廃止された。強制隔離収容を当然とする「らい予防法」にみるハンセン病政策は、その前身となる法律制定から数えると、廃止に至るまでほぼ1世紀にわたって存在し続けたことになる。日本社会におけるこれらの人権擁護政策のあり方を考えるとき、ハンセン病者を強制隔離収容する法律は廃止されたとしてもなお、長期かつ大規模になされた国家的政策の分析は、つまり、政策策定の背景的要因、および社会に与えた影響についての様々な解明は、さまざまな角度からさらに進める必要があろう。……

Journal

  • The Journal of human rights

    The Journal of human rights (10), 23-56, 2010

    Osaka City University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007616551
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11571246
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1346454X
  • NDL Article ID
    10734839
  • NDL Source Classification
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL Call No.
    Z71-F597
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top