布マルチ水稲直播栽培の生育収量特性およびマルチ分解過程  [in Japanese] Growth and Yield of Rice Plant Seeded with Cotton Mulch and Changes in Chemical Properties of the Mulch during Degradation Process  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

施肥,耕起を行った畑状態の水田において布マルチ水稲直播シートを敷設して水稲を栽培し,生育,収量,品質に与える効果および圃場内における不均一性について,移植-機械除草栽培体系と比較を行うとともに,マルチシート分解過程における養分動態の解析を行った.1.布マルチ栽培の茎数と葉色値は,移植栽培に比べて圃場内でのバラツキが大きく.茎数の変動係数は30%前後となった.2.布マルチ栽培では,移植栽培に比べて収量が低く,圃場内のバラツキも高くなった.これは,穂数と一穂籾数が低く,変動係数が高いことに起因していた.3.布マルチ栽培の精玄米外観品質,白度および粒大においては,移植栽培より高くなり,高品質生産に有効であることが示された.4.食味値および食味関連数値は,布マルチ栽培,移植栽培とも同様な値となった.5.布マルチシートの分解過程において,栽培中期までにシート中に窒素を中心とした多量の養分が蓄積されることが明らかとなった.また,水口周辺のシートは,非水口よりも養分蓄積が遅く,分解が遅くなることが確認された.

Journal

  • 日本作物学会四国支部会報

    日本作物学会四国支部会報 (46), 13-22, 2009

    日本作物学会四国支部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007618936
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11333667
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top