イオンエンジンによる小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用 The Homeward Journey of Asteroid Explorer "Hayabusa" Powered by the Ion Engines

この論文をさがす

著者

抄録

小惑星探査機「はやぶさ」は小惑星イトカワにタッチダウンした後,SF顔負けの幾多のトラブルを乗り越え,遙か3億キロの彼方から地球をめざして帰還中である.「はやぶさ」には日本独自のマイクロ波放電型イオンエンジンが搭載されており,探査機の機能が喪失する中で高いロバストネスを生かして稼働を続けている.特に「イトカワ」からの帰路運用では,本来の目的である軌道速度および方向の変更だけでなく,ホイールの故障により失われた姿勢制御までもサポートしており,探査機の舵を日々地球方向に向けて切り続けている.本稿では,マイクロ波放電型イオンエンジンのプラズマ生成技術や宇宙機との相互作用を,「はやぶさ」の実際の帰還運用におけるイオンエンジン運用の観点から解説し,その重要性・信頼性の高さを示すところである.

収録刊行物

  • プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research

    プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research 86(5), 282-292, 2010-05-25

    プラズマ・核融合学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

  • <no title>

    川口淳一郎

    プラズマ 核融合学会誌 82, 215, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    國中均

    プラズマ 核融合学会誌 82, 300, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    山田哲哉

    プラズマ 核融合学会誌 82, 368, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    田原弘一

    プラズマ 核融合学会誌 83, 265, 2007

    被引用文献1件

  • <no title>

    荒川義博

    イオンエンジンによる動力航行, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    栗木恭一

    電気推進ロケット入門, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    曽根理嗣

    電気化学および工業物理化学 75, 950, 2007

    被引用文献1件

  • <no title>

    國中均

    日本航空宇宙学会論文集 52, 129, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    五家建夫

    太陽地球環境情報サービス「臨時」ユーザーズフォーラム講演集, 2003, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    MAEJIMA H.

    Proceedings of 2nd International Energy Conversion Engineering Conference, 2004, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    細田聡史

    日本航空宇宙学会論文集 54, 427, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    白川健一

    第16回アストロダイナミクスシンポジウム講演後刷り集, 2006 195, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    小野寺範義

    日本航空宇宙学会論文集 49, 27, 2001

    被引用文献1件

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007619794
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10401672
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09187928
  • NDL 記事登録ID
    10715989
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-8
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ