スズメガ科Smerinthus decoratus Mooreの分類学的地位と新属の設置 The generic position of Smerinthus decoratus Moore (Lepidoptera, Sphingidae)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

Smerinthus decoratus Moore,1872は,ネパールから中国南部(雲南省),インドシナ,スマトラにかけて分布する中型のスズメガで,原記載以降その属の所属は確定しているとは言い難い.Rothschild&Jordan(1903)は暫定的に本種をSmerinthulus Huwe,1895に置いたが,後にMarumba Moore,1882に移し(Rothschild&Jordan,1907),この扱いが今日まで引き継がれている.Marumbaでは,♂交尾器valvaが端部で二分し,背域は強く骨化して先端が尖るほか,骨化して湾曲したharpeやlabidesを備え,またuncusはへら状で,通常先端は中央で切れ込むなどの特徴を示す.しかし,decoratusでは,uncusは細くかぎ状に曲がり,valvaは先端二分することなく,基部のlabidesも欠き,harpeは幅広の板状になる等,Marumbaの特徴は何一つ見られない.脛節の刺列の状態ではMimas Hubner,1819に共通する部分もあるが,後脛節には1対の端距しか持たない点でこの属とも異なっている.本文では本種に対する新属Morwenniusを創設し,外部形態♂交尾器等を再記載した.

The generic position of Smerinthus decoratus Moore, 1872 is discussed. Most recently, the species has been included in Marumba Moore, a position that is no longer tenable in the light of new material and further investigation of its adult morphology. A new genus, Morwennius, is therefore erected for S. decoratus.

収録刊行物

  • 蝶と蛾

    蝶と蛾 53(4), 225-228, 2002

    日本鱗翅学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007630977
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00147618
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL 記事登録ID
    6321787
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-73
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ