『今昔物語集』のアスペクト形式Vテイル・テアルについて The Aspectual Forms Vteiru and Vtearu in Konjaku Monogatarishu

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アスペクト形式Vテイル・テアルの通時相については坪井(1976)以来相当な研究の蓄積があり多くの新しい知見が得られてきているが、特に中世以前には有生性(animacy)などの基準では説明ができない例(「偏に後世を思て念仏を唱へ<て有>___-けるに」(今昔物語集))が多く存在し問題になる。そこで本稿では『今昔物語集』を考察対象として、そこでは時空間的な個別性(specificity)と主格に立つ物の意図性が形式選択に深く関与しており、両者を共に満たす場合にテイルが選択される傾向が強いことを主張する。導入に続く2節では本稿のアスペクトの意味分類基準を示し、3節では資料の概要と方法について述べた。4節が実例の検討で、4.1と4.2では意図性に焦点を当てて論じ、4.3では傍証としてのヴォイス関連の現象を取り上げた。4.4では形式選択の時空間的個別性との相関について論じ、5節で結論を示した。

The paper deals with the aspectual forms Vteiru and Vtearu in Konjaku Monogatarishu (written about the year 1120). Their diachrony has been much studied since Tsuboi (1976), yet the difference in meaning between the two forms, especially before the Middle Ages, has not been well described. For instance, why there are sentences in which Vtearu is selected despite their subject's being animate (e.g. "Nembutsu wo tonahe-teari-keru-ni…", Konjaku Monogatarishu) has not been clarified so far. It is asserted that the selection of the forms correlates with the subject's intentionality and the spatio-temporal specificity of the event referred to, there being a marked tendency toward selecting Vteiru when both conditions are satisfied ([+intentional, +specific]). The paper further argues that these factors can explain the semantic change of these aspectual forms.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 6(1), 1-15, 2010

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007642011
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    10534955
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ