噴流の衝突により発生する直管共鳴音に対する低減法  [in Japanese] Method of reduction of resonance of circular pipe generated by impinging jet  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

円形噴流中に同心状にある長さを持った直管を置くと,流れの持つ特性に関連して特定の挿入位置で直管の持つ固有振動が励起され共鳴音が発生する。機械装置系の中でのこの種の共鳴音の発生は騒音の原因となり,いかに音を低減,防止するかが重要である。ここでは共鳴音の防止法として,できるだけ簡便で,かつ流動抵抗の少ない方法を幾つか提案し,共鳴音に対する効果を調べた。中でも噴流ノズル出口端,またその近傍に真ん中を繰り抜いた金網を設置することにより,完全に共鳴音が防止できることが見出され,その原因についても流体的観点から考察した。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 66(7), 309-317, 2010

    Acoustical Society of Japan

References:  12

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007642351
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    10763988
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top