日本における外来魚問題の背景と現状 : 管理のための方向性をさぐる(<特集>国外外来種の管理法) Background and present status of alien species problems among freshwater fishes in Japan : toward the future management

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国で問題とされている外来生物のなかで,全国的規模で野生化しその状況を歓迎する人々が数多く存在する点で,ブラックバス類は特異である.ここでは,ブラックバス類を含めた外来魚の管理法の検討に資するため,魚の放流にかかわる日本人の文化的・精神的土壌についての考察をもとに,観賞魚の輸入や内水面漁業における放流の現状を概観したうえで,外来魚をめぐる問題の所在と対処の方策を考察する.

収録刊行物

  • 保全生態学研究

    保全生態学研究 5(2), 171-180, 2001

    一般社団法人 日本生態学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007643292
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL 記事登録ID
    5643665
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ