日本植民地研究の回顧と展望 : 朝鮮史を中心に The History and Prospects of Japanese Colonial Studies: With a Focus on the Historiography of Modern Korea

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

論説(Article)本稿は国際的な視野から日本植民地研究を再考した。その際、「比較帝国研究」の枠組とは一線を画すことに留意し、日本帝国を他の植民地帝国と比較するというよりは、日本植民地研究の史学史と現況に焦点を合わせた。すなわち、マルクス主義、近代化論、ポストコロニアル論などの欧米の学界に由来する歴史研究の枠組が、日本植民地研究にどう受容され、対話がおこなわれ、批判され、鍛えられてきたかに注目し、議論を展開した。This essay reviews Japanese colonial studies from an international perspective. The essay, however, is not intended as yet another example of so-called 'comparative empire studies'. Rather than comparing the Japanese empire with others, it focuses on the past and present of the historiography of Japanese colonialism. It discusses a range of theoretical issues by examining how the historiographical frameworks developed in the Euro-American academia was received, discussed, and critiqued by scholars of Japanese colonialism.

収録刊行物

  • 社会科学

    社会科学 88, 27-59, 2010-08

    同志社大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007645004
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00108933
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    04196759
  • NDL 記事登録ID
    10804717
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-279
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ