平安貴族社会における医療と呪術 : 医療人類学的研究の成果を手掛りとして Medicine and Magic among the Heian Aristocracy : Some Findings of Medical Anthropology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿の目的は、医療および呪術の平安貴族社会における治療手段としてのあり方、および、平安貴族の治療の場面における医療と呪術との関係を把握することにある。この目的のため、平安貴族の漢文日記(古記録)を主要史料として用いるが、考察にあたっては近年の医療人類学的研究の成果をも利用し、次に示す諸点について明らかにする。(1)平安貴族社会において、医療および呪術は一定の専門知識にもとづく技術として認識されていたのであり、また、(2)平安貴族は医療と呪術とをそれぞれ別個の技術体系に属するものとして認識していた。したがって、(3)平安貴族社会における治療手段は、医療と呪術とによる二元的なものだったのであるが、(4)医療と呪術とは相互に排除し合う関係にあったわけではなく、そのいずれもが各々の資格において有効な治療手段として認識されていた。また、(5)呪術は医療の有効性および安全性を保障・保証するものと見做されてもいたのであり(6)総合的に見るならば、平安貴族社会における医療と呪術との関係は相互補完的なものであった。

This article examines the role of medicine and magic as means of healing among the Heian-period aristocracy. It attempts to understand their relationship in the context of healing as seen in representative diaries of Heian-period aristocrats (Fujiwara Sanesuke's Shoyuki, Fujiwara Michinaga's Mido Kanpaku-ki, and Fujiwara Yukinari's Gonki). Finally, the author will make use of some recent findings of medical anthropology. The following six points are clarified: 1 Medicine and magic were both regarded as technique among the aristocracy; 2 The Heian aristocrats considered medicine and magic as belonging to two separate technical systems; 3 The system for healing among the aristocracy was twofold: medicine and magic; 4 Heian aristocrats needed both medicine and magic for sufficient healing; 5 It was believed that magic ensured the efficacy and safety of medical healing; 6 On the whole, the relationship between medicine and magic among the aristocracy was interdependent.

収録刊行物

  • 宗教と社会

    宗教と社会 1(0), 77-98, 1995

    「宗教と社会」学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007653177
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11333281
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1342-4726
  • NDL 記事登録ID
    4114923
  • NDL 雑誌分類
    ZH6(哲学・宗教--宗教)
  • NDL 請求記号
    Z9-B145
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ