CrossRef誕生小史(翻訳) The formation of CrossRef: A short history(Translation)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

CrossRef創立10周年記念のパンフレットを翻訳した。CrossRefの誕生のきっかけになったのは1999年10月のフランクフルト・ブックフェアであった。それに先立って,DOI利用についての検討,「炭素繊維」プロジェクトにおける引用文献リンクの提案などがおこなわれていたが,それらから学んだアカデミック・プレス社のPieter Bolmanとワイリー社のEric Swansonが中心となり,1999年に密かにMonzuプロジェクトを開始,一方米国出版社協会を中心としてDOI-Xプロジェクトが進められた。この2つの流れがブックフェアに合流し,一気に出版社の協同事業としてのCrossRefの創立が実現した。

The leaflet at the CrossRef 10th Anniversary was translated. The birth of CrossRef was a result of several incidents at the 1999 Frankfurt Book Fair. Publishers had been discussing how to effectively use DOI, and experimenting reference linking such as in the Carbon Fibre project. Through learning from such experiences, Pieter Bolman of Academic Press and Eric Swanson of Wiley confidentially started a project codenamed as Monzu in 1999, while a research group supported by AAP began working of the DOI-X project. The two streams joined together at the Book Fair, and headed for the establishement of CrossRef as a collaborational venture of all publishers in January, 2000.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 60(7), 289-295, 2010

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007657990
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09133801
  • NDL 記事登録ID
    10730301
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ