「薬としての赤ちゃん」の倫理問題 : フランス生命倫理における人間の尊厳と人体の利用 Ethical problems concerning "bebe medicament" : Human dignity and utilization of human body in French bioethics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

フランスでは、2004年の生命倫理法改正に際して、着床前診断の適応が拡張された。それにより、ファンコニ病の第一子を治療するために、着床前診断技術を用いて、第一子とHLA型の適合する第二子を出産することが、法律で容認された。患者を治療するために他者の身体を利用することの哲学的根拠を考えるなら、一方で、連帯性の原則に則って、病気の患者を救うことは社会の義務である。しかし他方で、自律の原則に則って、そのために身体の一部を提供することは、あくまで提供者本人の自発的な意思によるのでなければならない。ところが、まだ意思はおろか存在すらない第二子に、第一子の治療の手段となることを要請することは、連帯性の行き過ぎではないだろうか。連帯性よりもむしろ、第二子の尊厳、統合性、傷つきやすさへの配慮を優先すべきではなかろうか。

In France, by a revision of the laws on bioethics in 2004, the indication of the preimplantation diagnosis was extended. This means that, in order to treat the first child who is suffering from Fanconi anemia, giving birth to a second child who is HLA compatible with the first, with the aid of that diagnosis, is now permitted by law. Considering the philosophical justification of the utilization of others' bodies to treat patients, on the one hand, saving patients is the duty of society in conformity with the principle of solidarity. But on the other hand, the donation of parts of the body for this treatment must be based on voluntary self-sacrifice in conformity with the principle of autonomy. And yet doesn't the request that the second child, who has no will or existence, become the means of treating the first, come from excessive solidarity? Shouldn't the consideration of dignity, integrity or vulnerability of the second child come before that of solidarity?

収録刊行物

  • 生命倫理

    生命倫理 19(1), 29-36, 2009

    日本生命倫理学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007659913
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10355291
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13434063
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ