誰がARTを利用できるか : 性的マイノリティにおける家族の形の多様化の可能性 Who is permitted to utilize ART? : the possibility of diversity in the shape of families by sexual minority

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ART(Assisted Reproductive Technology)を利用できる成人の法的制限について、諸外国では議論になっている。性的マイノリテイの家族形成権について欧米ではそれぞれに法的対応をとっており、ARTを利用した性的マイノリティの挙児・育児は盛んである。親のセクシャリティと子どもの発達に関する研究においては性的マイノリテイの育児には問題がないとする結論が多いが、多数派の価値観からマイノリティを判断する限界もあるという。一方わが国における性的マイノリティの状況と法制度を鑑みても、同性カップルがARTにより挙児・育児に至る可能性のあるパターンは5つある。欧米の性的マイノリティの家族形成権の法整備は(1)宗教的・文化的問題、(2)子どもの福祉や健全な発達の問題、(3)国際政治的問題などによって各国で判断されていると推察され、日本でのARTに関する法整備においても性的マイノリティへの視点が必要であると思われる。

The legal restrictions on adults who can use ART (Assisted Reproductive Technology) are disputed in many foreign countries. Legal management has been employed to ensure a sexual minority's right to family formation in Europe and America, and the rearing of children among sexual minorities using ART is not unusual. Research on parents' sexuality and children's development has shown that there is no problem in sexual minority child-rearing cases. There is the limitation of judging a minority from the majority's sense of values. On the other hand, in view of the situation of sexual minorities and the legal system in Japan, I consider there are five patterns by which a same sex couple could have a child by ART. I assume that the laws regarding a sexual minority's right to family formation in Europe and America are concerned with (1) religious or cultural problems, (2) problems of children's welfare and their healthy development, and (3) problems with international politics in each country. In Japan, it seems that the viewpoint of sexual minorities will be required in legislation of ART.

収録刊行物

  • 生命倫理

    生命倫理 19(1), 71-78, 2009

    日本生命倫理学会

参考文献:  43件中 1-43件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007659918
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10355291
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13434063
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ