HIV感染症対策をめぐる倫理的な問題について Ethical issues concerning HIV prevention activities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在日本で行われているHIV感染症対策は陽性者等への人権の尊重など倫理的な配慮はなされており、またその手法も主に「コミュニケーションによる介入」であって、倫理的な問題は少ないとされている。しかしながら、その倫理的な諸問題を明確にすることは、公衆衛生のプログラムを実施するにあたって不可欠の作業と考える。なぜなら、「コミュケーションによる介入」は、介入の対象となる個人や社会に対してある価値の実現を呼びかけるものであるからである。よって、プログラムの策定・実施・評価など全ての過程において、倫理的な問題などの分析とそのプログラムが担う価値についての介入側と受け手側双方のコミュニケーションが必要であると考える。

In Japan now the main HIV prevention activity at the moment is focussed on ethical issues including respect for human rights of people who are HIV positive. Furthermore, because the main means are "communication interventions", HIV prevention activity is relatively unproblematic from the moral point of view. However, identifying the ethical issues is necessary to put public health programs into execution. The reason is that "communication interventions" are calling each person and the society to realize some specific values. Therefore it is suggested that an ethical analysis and mutual communication between intervention participants and recipients on values included in each intervention be applied to all facets of the public health communication process.

収録刊行物

  • 生命倫理

    生命倫理 19(1), 79-86, 2009

    日本生命倫理学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007659919
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10355291
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13434063
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ