アメリカにおけるバイオエシックスの変容 : 個人の生命に関する問題からパブリック・ヘルスへ Transformation of bioethics in America : From individual issue on life to public health

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1980年代以降のアメリカにおいては、先端医療技術や生命科学の進展に伴って生じる諸問題-臓器移植、生命維持治療の中止や差控え、生殖技術、出生前診断など-が生じ、バイオエシックスは個人の自律的な選択を支持することでそれらを解決しようとしてきた。一方アメリカでは近年、健康格差が喫緊な社会的問題として関心を集めてきている。例えば無保険者は4700万人にも上り、さらに人種や民族、社会経済的地位によって健康状態に顕著な差があることが明らかになってきた。こうした状況に伴って、バイオエシックスの守備範囲は、個人の生命に関する問題から人々の健康一般を射程に入れたパブリック・ヘルスの問題へと拡大されつつある傾向が見て取れる。本稿ではまず従来のバイオエシックスの流れを概観し、それへの批判的な議論について検討する。そしてこうした批判的議論に基づいたパブリック・ヘルス的なエシックスを構想する動きについて考察する。

The aim of this paper is to show the transformation of American bioethics. New technologies in the medical health-care field, such as organ transplantation, withholding and withdrawing life-prolonging treatments, reproductive technologies, and prenatal testing, have provoked various serious problems in the United States since the 1980's. Bioethics has attempted to solve these problems, insisting on people's autonomy in decision-making. Nowadays, people have started to pay attention to health disparities as an urgent social issue in the US. For example, over 47 million people do not have health insurance. Moreover, it has been proved that an individual's health condition is significantly different depending on one's race, ethnicity, and socio-economic status. To deal with those issues, the target of bioethics seems to be broadening from the individual level of life and death to the general public health level. In this paper, a review of a brief history of bioethics is presented. Then, arguments which critique the bioethics that focuses on the individualistic approach to health care are examined. Finally, the recent trend of ethics which centers on public health issues is discussed.

収録刊行物

  • 生命倫理

    生命倫理 19(1), 120-126, 2009

    日本生命倫理学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007659924
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10355291
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13434063
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ