封水トラップの害虫侵入防止能力に関する検証 Laboratory evaluation of the water-seal trap for preventing invasion of harmful insects

この論文をさがす

著者

抄録

封水トラップは排水管内の悪臭や害虫などの室内侵入を防止するための設備である.今回,「わんトラップ」を模した実験装置を用い,5種類の害虫について,封水トラップが通過できるかどうかを検証した.その結果,クロゴキブリとチャバネゴキブリは日本工業規格や建築基準法に定められた封水深5cmを通過した.一方,オオキモンノミバエ,キイロショウジョウバエ,イエバエの3種は封水がされていれば基本的に通過できないことが確認された.

The effects of a water-seal trap on preventing invasion of harmful insects through drainage pipes were examined using laboratory equipment modeled on a "bell trap." Among five species examined, Periplaneta fuliginosa and Blattela germanica passed through 5cm deep water, the depth designated as the water-seal trap standard depth by the Japanese Industrial Standards and Building code. In contrast, Megaselia spiracularis, Drosophila melanogaster and Musca domestica vicina were unable to pass through the water sealing, suggesting the bell trap is effective against flies but not against cockroaches.

収録刊行物

  • 家屋害虫

    家屋害虫 31(2), 85-88, 2009-12-28

    日本家屋害虫学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007659937
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10366877
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0912974X
  • NDL 記事登録ID
    10568163
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1952
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ