手軽さと効果を考慮したプレパレーション・ツールの開発  [in Japanese] Development of Handy Preparation-tools  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

子どもたちに病気の内容や治療法を伝えるためのプレパレーションの重要性が指摘されているものの看護師の手作りツールに委ねられている現状がある。そこで我々は、北里大学病院の協力を得てノート型PC上でインタラクティブに操作ができる子ども参加型プレパレーション・ツール"Smile"を開発し、その有効性を明らかにした。一方で、同様の内容を持つ絵本に対しても興味を持たせることができることを明らかにした。子どもたちに興味を抱かせる要素の一つとして、絵本に仕込まれたギミックが挙げられる。本研究では、ギミックを持つ絵本によるプレパレーション手法の検討及び、看護師自らの学習ツールとしても使用できる、子どもの目線を想像・体験可能となる新たなツールを制作した。更に、外来の子どもたちにも対応できるツールを検討し、日常風景の再現性を考慮した、オリジナルの写真やイラストなどが使用できるツールを開発した。

The necessity for "preparation" is clear. The effect of the preparation tool "Smile" that children could participate became clear. However, children got interested also in a picture-book. There is an element which gives children interest in a popup picture-book. The picture-book was divided into a "scene" and "disposal", and was made. A "questionnaire" and "V.A.S." are planned in the experiment. Furthermore, "preparation" to foreign children is considered. The space crowded on both sides of paper is secured to the background of a round book, and a photograph, an illustration, etc. can be used. As an experiment, the difference in the point of regard of a veteran and a newcomer is due to be measured.

Journal

  • Annual Design Review of Japanese Society for the Science of Design

    Annual Design Review of Japanese Society for the Science of Design 15(1), 78-83, 2010

    Japanese Society for the Science of Design

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007659995
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10547226
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    1341-8475
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top