同じ幅のブランチラインを有する偏波分離器  [in Japanese] A Waveguide Ortho-Mode Transducer with the Same Width Branch-Lines  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

同じ幅のブランチラインを有する導波管の0dBブランチラインカプラを主な構成要素とする偏波分離器(Ortho-mode Transducer=OMT)を考案・設計した.電磁界解析の結果,95〜100GHzの周波数範囲で,挿入損が0.2dB以下,反射損が24dB以上,二つの偏波出力の間のアイソレーションが50dB以上であることが確認できた.この偏波分離器はブランチ導波管の本数を増やすことで広帯域化に対応できる構造をしている.また,従来の偏波分離器に比べると,フィンやフィンラインやセプタム等の部品が必要なく,ミリング加工に向いた構造を有しているので,サブミリ波よりも波長が短い周波数帯域で使用する広帯域偏波分離器への応用が期待できる.

Journal

  • The IEICE transactions on electronics C

    The IEICE transactions on electronics C 93(8), 249-255, 2010-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007681460
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11412446
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    13452827
  • NDL Article ID
    10798839
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-607
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top