女性専用外来において精神科医に求められるもの What is required of a psychiatrist at the Females' Outpatient Clinic

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 熊 宏美 KUMA Hiromi
    • 香川大学医学部精神神経医学講座 Department of Neuropsychiatry, Faculty of Medicine, Kagawa University

抄録

香川県立中央病院にて,平成17年10月から平成20年3月の2年6ヵ月間,女性専用外来の精神科医として診療を行った.診療開始時は,精神科診療の窓口としての機能を果たすことを考えていた.しかし,精神科を受診した上で女性専用外来を受診する患者も多く存在した.そこで,女性専用外来において精神科医に求められるものを検討することを目的に,筆者が担当した女性専用外来を受診した患者の年齢,精神科診断,転帰,女性専用外来の受診理由・受診目的を調査し,患者の精神科受診歴の有無による違いを比較した.受診患者全体としては,平均年齢は44.0歳で,最も多かったものは,精神科診断では適応障害,転帰では「3回以上女性専用外来で診療」,受診理由では「話をゆっくり聞いて欲しい」,受診目的では「診断」であった.精神科受診歴のない群は,年齢では50歳代,精神科診断では適応障害,受診理由では「どの科に行けばよいか分からない」が有意に多かった.精神科受診歴のある群は,精神科診断では反復性うつ病,転帰では「筆者が他院精神科で継続診療」,受診目的では「セカンドオピニオン」が有意に多かった.女性専用外来において精神科医には,精神科受診歴のない患者に対する「精神科診療の窓口」としての役割が求められている.また一方で,精神科受診歴のある患者からの「セカンドオピニオン」,「専門的知識の情報提供」も求められている.そのため担当する医師には高い専門性が求められており,今後,女性専用外来を担当する医師の人材育成が必要とされる.また,診療時間を確保することと,より多くの患者に対応することの両立は困難であり,他院精神科との連携や,女性専用外来担当医師が精神科として勤務することが望まれる.

In Kagawa Prefectural Central Hospital, I provided consultations as a psychiatrist at a female's outpatient clinic over a period of two years and six months from October 2005 to March 2008. For the purpose of elucidating what is required of a psychiatrist at a female's outpatient clinic, the patients were compared based on differences in the presence or absence of history of visiting psychiatric clinics. In cases with no history of visiting a psychiatric clinic, the patients were in their 50s and the answers observed at a significantly higher rate were: adjustment disorders and "I did not know which department to visit". In cases with a history of visiting psychiatric clinics, the answers observed at a significantly higher rate were: recurrent depression, "the author continuously consulted the psychiatric clinic of another hospital", and "second opinion". At a female's outpatient clinic, psychiatrists are required to take the role of a "contacts for psychiatric care", for patients who have never visited a psychiatric department. On the other hand, they are required to take the role of a "second opinion" and "informative provider of special knowledge", for patients who have visited a psychiatric department before.

収録刊行物

  • 女性心身医学

    女性心身医学 15(1), 169-174, 2010

    一般社団法人 日本女性心身医学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007681653
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1345-2894
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ