グラフコストの逐次更新を用いた映像顕著領域の自動抽出  [in Japanese] Saliency-Based Video Segmentation with Graph Cuts and Sequentially Updated Priors  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 福地 賢 FUKUCHI Ken
    • 沖縄工業高等専門学校情報通信システム工学科 Department of Information and Communication Systems Engineering, Okinawa National College of Technology
    • 宮里 洸司 MIYAZATO Koji
    • 沖縄工業高等専門学校情報通信システム工学科 Department of Information and Communication Systems Engineering, Okinawa National College of Technology
    • 赤嶺 一馬 [他] AKAMINE Kazuma
    • 沖縄工業高等専門学校情報通信システム工学科 Department of Information and Communication Systems Engineering, Okinawa National College of Technology
    • 木村 昭悟 KIMURA Akisato
    • 日本電信電話株式会社NTTコミュニケーション科学基礎研究所 NTT Communication Science Laboratories, NTT Corporation
    • 高木 茂 TAKAGI Sigeru
    • 沖縄工業高等専門学校情報通信システム工学科 Department of Information and Communication Systems Engineering, Okinawa National College of Technology
    • 大和 淳司 YAMATO Junji
    • 日本電信電話株式会社NTTコミュニケーション科学基礎研究所 NTT Communication Science Laboratories, NTT Corporation
    • 柏野 邦夫 KASHINO Kunio
    • 日本電信電話株式会社NTTコミュニケーション科学基礎研究所 NTT Communication Science Laboratories, NTT Corporation

Abstract

本論文では,映像中から顕著な領域を自動的,高速かつ高精度に抽出するための方法を提案する.提案手法では,以下の2点により高速かつ高精度な自動抽出を実現している.(1)グラフカットに基づく画像分割手法に,入力画像の各位置が抽出すべき領域である確率を示す事前確率を顕著度に基づいて与える処理を導入し,分割の自動化を実現する.(2)過去の分割結果に基づいて事前確率と特徴量ゆう度を逐次的に更新する処理を導入し,安定性の高い分割を実現する.実験により,全自動処理である提案手法が,手動・半自動処理に基づく既存手法と比較して,精度を大きく犠牲にすることなく,かつ圧倒的に高速に領域を抽出できることを示す.

Journal

  • The IEICE transactions on information and systems

    The IEICE transactions on information and systems 93(8), 1523-1532, 2010-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  27

Cited by:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007681689
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12099634
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    18804535
  • NDL Article ID
    10798793
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-779
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top