省エネルギーと次世代高効率ネットワークデバイス技術開発プロジェクト  [in Japanese] Energy Efficiency Issues in Development of Next-generation High-efficiency Network Device Technology  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 浅見 徹 ASAMI Tohru
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 Graduate School of Information Science Technology, The University of Tokyo

Abstract

ネットワークの高速化と省エネルギー化は,現在の電気通信分野に課された大きな課題である.独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「次世代高効率ネットワーク技術開発プロジェクト」では,日本として押さえるべきコアデバイス技術要素を,通信サービスでの使用に耐え得るシステム化を考慮しつつ研究開発してきた.省エネルギー化に関しては,2010年6月の100GbE標準化を踏まえ,(1)光インタフェース回路(100GbE,40GbE),(2)光バックプレーン化,(3)スイッチアーキテクチャの変更の観点から検討してきた.

Journal

  • The Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

    The Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 93(8), 659-663, 2010-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  4

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007686521
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001339X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135693
  • NDL Article ID
    10798623
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-192
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top