書誌コントロール再考(<特集>書誌コントロール再考) Rethinking bibliographic control in the digital network conditions(<Special feature>Rethinking bibliographic control)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

書誌コントロールは,知的コンテンツの流通体制をどのようにつくるのかという問題群である。これがデジタルネットワークへの移行状況のなかで,どのように変化しつつあるのかについて,筆者の旧著をベースにしながら論じた。これまで知的コンテンツは紙を中心とするパッケージに収められて流通し,図書館において物理的に保存されていたが,これがデジタル化することにより不定形となる。こうして「書誌レコードの機能要件(FRBR)」における体現形を対象とする書誌コントロールから,著作と表現形を対象とする書誌コントロールへの移行が必要になることを論じる。

Bibliographic control is a group of problems of how to create an effective and efficient distribution system of intelligent contents. The author discussed how it has changed in the digital network age arguing based by the author's previous book. Intellectual contents have been housed in such packages as books and journals and have been conserved physically in libraries. But information, once digitized, becomes amorphous and inderminate. Now, as is argued in "Functional Requirements for Bibliographic Records (FRBR)" we are now to initiate transitional process to select manifestations to works and expressions of objects for bibliographic control.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 60(9), 358-364, 2010

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007701155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    10802797
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ