ビザンツ・ヘシュカズムの霊性(<特集>スピリチュアリティ) Spirituality of the Byzantine Hesychasm(<Special Issue>Spirituality)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ビザンツ末期の一四世紀に正教修道霊性の中心地アトスで始まったヘシュカズムの霊性は、心身技法を伴う「イエスの祈り」の実践と、神の光の観想の意義および正統性弁護のための理論から成り立つ。体位法と呼吸法を伴った「イエスの祈り」は、ビザンツ修道制における静寂追求の伝統上に位置づけられるが、それによって得られる光の観想体験は「タボルの光」という聖書表現をもって解釈しなおされた。次に、ヘシュカズムの理論レベルにおいては、光の観想をめぐる東方キリスト教的な解釈が注目される。その特徴を端的に表現するのが、「働き」(エネルゲイア)という概念で、この概念は光の観想体験の意義および同体験の正統性の説明として機能する。よって、ヘシュカズムの理論は内在や本質の抽象論より、働きや作用のダイナミックな具体論を特徴としている。そのような理論に支えられたヘシュカズムの霊性は、「エネルゲイア・ダイナミズムの霊性」と称してもよかろう。

The spirituality of "hesychasm" that arose in the 14th century on Mt. Athos, the center of Orthodox-monastic spirituality, consists of the repetition of the "Jesus-prayer" with a particular psycho-physical method and theories for defending the significance as well as legitimacy of contemplating the "Light of God." The recitation of the "Jesus-prayer" while in a bending posture, together with a particular method of respiration, came into being in the context of the Byzantine-monastic tradition in which one pursued silence. The theoretical aspect of the spirituality, on the other hand, is very typical of Eastern Christianity in the contemplation of God's Light that was reinterpreted with the biblical term "Tabor Light." It involves the notion of "energeia" (work, activity), if one word could be chosen to designate this feature, and this notion functions as an explanation of the legitimacy and meaning of the experience of God's Light. Therefore, the theory of hesychasm is characterized by a dynamic-concrete idea of "working" and "action" rather than by an abstract idea of "immanence" or "essence." We could describe hesychastic spirituality as "a spirituality of energeia-dynamism."

収録刊行物

  • 宗教研究

    宗教研究 84(2), 455-479, 2010

    日本宗教学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007701170
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00406454
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    0387-3293
  • NDL 記事登録ID
    10830244
  • NDL 雑誌分類
    ZH6(哲学・宗教--宗教)
  • NDL 請求記号
    Z9-184
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ