アーカイブズの編成・記述とメタデータ(<特集>書誌コントロール再考) Arrangement, description and metadata in the archival community(<Special feature>Rethinking bibliographic control)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アーカイブズ界では対象資料の独自性を踏まえつつ,図書館界の書誌コントロールに相当する領域を発展させるべく,各種の方法論や標準類が開発されてきた。本稿ではまず,記述に関する標準としてISAD(G)やDACS,EAD等について解説する。次に編成に関して,組織ベースの編成と機能ベースの編成を取り上げ,それぞれに関連する標準としてISAAR(CPF)とISDFに言及する。さらに電子記録のメタデータ付与に関する課題を指摘し,その標準化の取り組みのうちISO23081とMoReqについて扱う。アーカイブズの編成・記述をめぐる近年の動きには,図書館界の議論との共通点を多く見出すことができる。

In recent years, Archival community has developed some methodologies and standards in consideration of the characteristics of archival materials. This paper first explains ISAD(G), DACS and EAD as descriptive standards for archives. Next, it compares organization-based archival arrangement and function-based arrangement, and refers to ISAAR(CPF) and ISDF as related standards. It discusses about issues on electronic records metadata as well as ISO23081 and MoReq. It seems that there are many similarities between recent trends in archival arrangement and description and those of bibliographic control in library community.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 60(9), 384-389, 2010

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007701196
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    10802850
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ