カラスアゲハの翅形の地理的変異 : 主成分分析による検討 Studies on the Geographic Variation of Wing Shape in Papilio bianor by Principal Component Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来,翅の形態の比較検討は数個所の測定値の相互比などにより行われてきた.筆者らはカラスアゲハの翅形の地理的変異を比較検討する目的で前後翅9部位の長さを測定し,さらに理論性と客観性を加える目的で主成分分析を行った.その結果,第1より第4主成分(Z_1〜Z_4)に意義のあることを確かめることができた.Z_1は大きさを表わす主成分で,台湾産の集団は小型であることがわかった.また他の地域集団間では,差異はほとんど認められなかった.形を表わすZ_2〜Z_4では地域差が認められた.Z_2は前翅の細長さを,Z_3は後翅の細長さを,そしてZ_4は後翅の幅を表わす主成分であった.Z_2とZ_3を座標軸として得られた個体の散布図をみると,地理的に近接する地域集団は互いに似た形態を示すことが多い.しかし,中国の上海,韓国のソウル,済州島,日本の本州,中之島,および台湾から得られた個体は,F(後翅基部から第4脈末端までの長さ)が長く後翅が比較的細長い傾向がみられ,前翅は細長いものからずんぐりしたものまであったのに対し,奄美より西表にかけての島娯群,紅頭喚および八丈島から得られた個体は,いずれもC(前翅翅端から第1b脈末端までの長さ)とFが短く,前後翅ともにずんぐりとした傾向を示すことがわかった.

Geographic variations of wing shape in Papilio bianor were studied by principal component analysis. The data were 3 lengths in forewing and 6 lengths in hindwing obtained from 137 specimens collected from 13 areas of Japan and neighboring countries. Four principal components were extracted accounting for 93.93% of the total variance. From the result of the present analysis, the four principal components were assumed to be the following indices: the size, the slenderness of the forewing, that of the hindwing, and the width of the hindwing. The results suggested that the geographical variation of Papilio bianor might be divided into the following 2 groups: 1. Chang-hai (China), Seoul, Jeju Do Is. (Korea), Honshu, Nakano Is., Yonaguni Is. (Japan), and Taiwan; 2. Amami, Okinawa, Ishigaki, Iriomote, Hachijo (Japan), and Hungtou (Taiwan) islands. The former group has a slender hindwing for a long F (length from hindwing base to end of vein 4) and the latter one has a thickset fore and hindwing for a short C (length from forewing apex to end of vein lb) and F.

収録刊行物

  • 蝶と蛾

    蝶と蛾 34(4), 155-162, 1984

    日本鱗翅学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007707523
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00147618
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL 記事登録ID
    2998097
  • NDL 刊行物分類
    RA38(組織・形態--動物)
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-73
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ