フィリピン産シジミチョウDeudorix diopites HEWITSONの後模式の指定およびそれに伴うRapala alcetas (STAUDINGER)の新位置 Designation of Lectotype of Deudorix diopites HEWITSON from the Philippines, with New Status of Rapala alcetas (STAUDINGER)(Lepidoptera, Lycaenidae)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

同定の確立していなかったDeudorix diopites HEWITSONの後模式の指定を行い,また,それが従来Rapala alcetas (STAUDINGER)として扱われたものと同一種であるため,その再検討も含め以下のように学名を変更した.Rapala diopites diopites (HEWITSON,1869)分布.Camiguin I.(Luzon).Rapala diopites alcetas (STAUDINGER,1889)stat. n.分布.Palawan. Rapala diopites alcetina SEMPER,1890 stat. n. Synonyms: Rapala alcetas bandatara FRUHSTORFER,[1912] syn. n. Rapa;a tara ashinensis MURAYAMA & OKAMURA, 1973 分布.Luzon, Marinduque, Mindoro, Guimaras, Negros, Bohol, Camotes, Leyte, Panaon, Dinagat, Camiguin de Mindanao, Mindanao, Basilan.なお,alcetinaの総模式にはdiopitesとは別の複数の種が含まれている可能性があり,今回これについては調査しえなかったので,その位置付けは暫定的なものである.

収録刊行物

  • 蝶と蛾

    蝶と蛾 36(4), 185-189, 1986

    日本鱗翅学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007707602
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00147618
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL 記事登録ID
    3084036
  • NDL 刊行物分類
    RA84(動物一般・分類・進化--昆虫)
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-73
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ