ウラギンシジミ属(鱗翅目,シジミチョウ科)に関する研究 Notes on the Genus Curetis HUBNER (Lepidoptera, Lycaenidae)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

ウラギンシジミ(Curetis)属に関する分類学的研究はHAPMAN(1915),FRUHSTORFER(1908),SEITZ(1924).CORBET(1937),EVANS(1954)などがあるが,総合的な研究はEVANS以来なされていない.本稿では雄交尾器の形態を中心にウラギンシジミ属の分類学的再検討を行い,大筋においてEVANS(1954)の体系を支持する結果を得るとともに若干の変更点を提唱した.ウラギンシジミ属はSHIROZU&YAMAMOTO(1957)のように,雄交尾器の詳細な研究から独立の科とされることもあるが,ここでは広義のシジミチョウ科の1亜科Curetinaeとして扱う.ただし,広義のシジミチョウ科とはこのウラギンシジミ亜科Curetinaeとシジミタテハ亜科Riodininae,キララシジミ亜科Poritiinae(Lipteninae:sensu ELIOT,1973を含む),アシナガシジミ亜科Miletinae(Lyphyrinae:sensu ELIOT,1973を含む),ベニシジミ亜科Lycaeninae(Theclinae,Lvcaeninae,Polyommatinae:sensu ELIOT,1973を含む)の5亜科からなるものである.本稿では新種の記載は含まれていないが,筆者が提唱する分類体系は本文末尾のリストに示したとおりである.EVANS(1954)ではウラギンシジミ属は13種であったが,その後に記載されたfreda ELIOT,1959と今回の変更点をあわせて18種を認めた.EVANS(1954)の体系からの主な変更点を以下に示す.(1)スリランカからソロモン諸島まで分布するとされていたthetisを真のthetis(スリランカとインドの半島部),saronis(アッサム〜スンダランド),"snnersnecies barsine"(スラウェシ〜ソロモン諸島)に分割した.さらに"superspecies barsine"をvenata(スラウェシ),nesophila(フィリピン),barsine(マルク〜ニューギニア,ソロモン諸島)の3種に分割した.(2)独立種とされていたdentataをacutaの亜種とした.(3)acutaの亜種nagaを独立種とした.(4)tonkinaの亜種として記載されたmetayeiをsperthisの亜種とした.EVANS(1954)は,本属をthetis sectionとbulls section(insularisを含む)の2群に分割したが,ここではinsularisを1つのグループとして認め,以下の3群に分割した.(1)thetis群(thetis,saronis,nesophila,venata,barsine,tagalica,regula)雄交尾器のphallusの末端は右側面が鋸歯状となることもあるが,背面の半膜質部はshuttle-pieceと呼ばれる骨片を常に有する;brachiaは曲がる;翅の裏面には微細な黒点が散布されず,前翅裏面の中室外側の条線(postdiscal striae)は外縁に平行に走る.(2)bulis群(sperthis,siva,felderi, santana,tonkina,bulis,acuta,nasa,brunnea)Phallusの末端は右側面が常に鋸歯状となる;brachiaは曲がる;翅の裏面全体に微細な黒点が散布される;前翅裏面の中室外側の条線は外縁とは平行でなく翅頂部に向かう.(3)insularis群(insularis,freda)Phallusは後半部が曲がっており,末端は鋸歯,shuttle-pieceのいずれも持たず1つの尖った突起となる;brachiaは直線状;翅の裏面は微細な黒点が散布されず,前翅の中室外側の条線に平行に連続に走る.

The taxonomic arrangement of Curetis HUBNER, [1819] , proposed by EVANS (1954), mainly on the basis of dry dissections of the male genitalia, is reviewed and slightly modified. Eighteen species are recognised compared with thirteen recognised by EVANS. The male genitalia of the principal taxa are figured, drawn freehand, using preparations in liquid. A list of the species and subspecies is included as an appendix.

収録刊行物

  • 蝶と蛾

    蝶と蛾 41(4), 201-225, 1990

    日本鱗翅学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007707855
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00147618
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL 記事登録ID
    3708170
  • NDL 刊行物分類
    RA84(動物一般・分類・進化--昆虫)
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-73
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ