スラウェシ産Jamides属の1新種 A new species of the genus Jamides Hubner from Sulawesi, Indonesia (Lepidoptera, Lycaenidae)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

インドネシアのスラウェシ島でえられた2個体にもとづいて,1新種Jamides eliotiを記載した.本種は翅の斑紋,雄交尾器ともに特異で,他種との識別は容易である.雄交尾器のvalvaは細長く, Hirowatari(1992)のaratus亜群のものに似るが, aratus亜群では, phallusの先端側方にヘラ状の突起を有しtegumenの背方が幅広いのに対して, eliotiではphallusの先端腹方は単一の突起(Chapman's process)となりtegumenの背方は幅が狭いので, aleuas亜群またはcyta亜群の種と近縁であると考えられる. Hirowatari (1992)は,同じくスラウェシに産するfestivusを暫定的にaleuas亜群に含めたが, eliotiのvalvaの背面中央にある突起がaleuas亜群のvalva基部の突起と相同であるとすれば, eliotiのvalvaの状態はaleuas亜群の種とfestivusとの中間的な段階であるという可能性もある.

Jamides elioti sp. nov. is described from Sulawesi, Indonesia. The new species is easily distinguished from all other Jamides species by an unique valva, but its systematic position within the genus is unclear. Judging from the male genitalia, elioti seems to belong to the aleuas subgroup (sensu Hirowatari, 1992) or the cyta subgroup (sensu Hirowatari, 1992).

収録刊行物

  • 蝶と蛾

    蝶と蛾 45(1), 1-4, 1994

    日本鱗翅学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007707972
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00147618
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL 記事登録ID
    3882704
  • NDL 刊行物分類
    RA84(動物一般・分類・進化--昆虫)
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-73
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ