英国のメディア教育の枠組みに関する教育学的検討 : メディア・リテラシーの教育学的系譜の解明を目指して A Pedagogical Study concerning Framework of Media Education in UK : Toward the Exploring the Pedagogical Genealogy of Media Literacy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論は,これからますますメディア・リテラシーの実践研究が積み重ねられてくる前に,その視点に幅を持たせ,よりわが国にとって求められるメディア・リテラシー教育のあり方を探求していくために,その教育活動を進める考え方の枠組みを先行研究をレビューすることで明らかにすることを目指した。とりわけ,メディア・リテラシーを考えていく際に,必ず源泉として参考にすべき人物として指摘される,英国のLen MastermanとDavid Buckinghamを中心に,英国のメディア教育論の論理構造とその成立背景を探った。MastermanやBuckinghamは,映画・スクリーン理論やカルチャラル・スタディーズなどの影響を受けながら,批判的教育学を参考に,またそれを批判的に乗り越えようとして,メディア教育を論じていることが見えてきた。その主張している内容は,わが国でよく紹介されてきているカナダのメディア・リテラシーのテキスト内容や教育方法と重なる点が多い。しかしそれらがどのような教育的脈絡(必然性)から生じてきたものか英国のメディア教育は示してくれた。ところが,現在,わが国で紹介されているメディア・リテラシーの諸論の中では,この点が,明確にされず,通時的というよりは共時的に理論の紹介がなされ,それに基づく実践を生み出してきている。メディア・リテラシーの実践の幅を広め,豊かにしていくためにも,さらにメディア・リテラシーの教育学的系譜を丁寧に明らかにしていく作業が求められてきていることを指摘している。

This study explores some factors that has influenced the trend of media literacy research in Japan now and indicates some problems. At first we try to draw the trend map around media literacy research. Then we point out some problems around the media literacy research in Japan now, and insist that one of the causes be short of research in a pedagogical genealogy of media literacy. To overcome the problems, we attempt to look for "Trajectory of Pedagogical Logic" and "Curriculum Framework" of media literacy from some papers of media education in UK and especially from Len Masterman's "Teaching the Media". The reason is that media literacy research started from inheritances of media education study. Finally we make clear practical perspectives of the media literacy research in Japan by digging into a pedagogical genealogy of media literacy.

収録刊行物

  • 教育方法学研究

    教育方法学研究 28(0), 199-210, 2003

    日本教育方法学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007722978
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00058176
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0385-9746
  • NDL 記事登録ID
    6667183
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-948
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ