コンプリヘンシブ改革期のイギリスにおける学級編成問題の研究 : ストリーミングから混合能力学級への移行問題を中心に  [in Japanese] A study of the class organization problem in England of the comprehensive reform term : Focusing on movement from streaming to mixed ability classes  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は,イギリスにおいて1960年代から70年代にかけて進んだストリーミングの廃止から混合能力学級導入への経緯を考察するものである。1960年代に入るまでの約30年間,イギリスでは子どもたちを能力別に分類するストリーミングと呼ばれる集団編成方法が一般的な学級編成方法であった。この方法は1950年代後半になると,その拠り所であった知能指数理論への批判を契機に廃止の方向へと動いていく。ノン・ストリーミング化と呼ばれるこの動きは,1960年代に進行していき,1970年代には混合能力学級編成がストリーミングに代わる学級編成形態として広がっていった。こうした一連の動向で問われたのは,表面的には学級編成方法の問題,すなわちどのように子どもたちをグループ化するかという問題にみえる。しかし,実際にそこで問われたこととは,学級編成の問題というよりは,むしろ教授・指導方法の問題であった。なぜなら,ストリーミングの廃止は混合能力学級の導入と同時に,ストリーミングを前提にして行われていた当時の指導法,すなわち一斉教授方法の問い直しを要求するものでもあったからである。本稿は,この点に注目して能力別学級から混合能力学級への一連の動向を検討し,当時のイギリスの中等学校現場において問題となっていたことは,学級編成方法の変更ではなく,子どもの個に応じる新しい教授・指導方法の開発にあったことを示すものである。

This paper considers the process from abolition of streaming to mixed ability classes which progressed from the 1960s to the 70s in England. For about 30 years from 1930 to 1960, the method of group organization called streaming which classifies children according to ability was the popular method of class organization in England. Streaming moved towards abolition by criticism to intelligence quotient theory in the second half of the 1950s. This movement called non-streaming advanced in the 1960s, followed by the mixed ability classes spreading as a class organization form replaced with streaming in the 1970s. It was considered to be a problem of the class organization method. But, in fact, it was a problem of teaching methods rather than the class organization method. The abolition of streaming is due to the introduction of mixed ability classes, at the same time the reconsideration of class instruction techniques. This paper examines the process from the ability classes to mixed ability classes paying attention to the reconsideration of class instruction techniques. In conclusion, I show that the introduction of mixed ability classes in secondary school was not only changing the method of class organization, but the development of new teaching method according to a child's individuality was reguired.

Journal

  • Research Journal of Educational Methods

    Research Journal of Educational Methods 32(0), 61-72, 2007

    National Association for the Sudy of Educational Methods

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007723034
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00058176
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0385-9746
  • NDL Article ID
    8881571
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-948
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top