植物を用いた江戸時代の書籍害虫防除法 On the Preventing Methods for Book-damaging Insects by Herbal Plants in Edo Period

この論文をさがす

著者

抄録

和本や和紙などが虫害を受けやすいことは昔からよく知られている。その対策には古くから頭を痛めていたようで,さまざまな防除法が工夫されている。古来の防除法の主要なものには,紙を防虫効果のある染料で染色する方法と,防虫効果のある植物などを本に挟んだり書箱に入れたりする方法とがあった。ほかに環境的な対策として曝書(ばくしょ)(虫干し)や香料の利用がある。また,本を保存する箱や帙(ちつ)を防虫効果のある木(クスなど)で作ったり,紙そのものをクララなどの毒草で漉くようなエ夫もなされていた。ここでは,江戸時代以前に行なわれていた主要な防除法のうち,植物(植物質)を利用した例について,そのあれこれを紹介してみたい。

収録刊行物

  • 家屋害虫

    家屋害虫 13(2), 86-90, 1991

    家屋害虫研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007723818
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10366877
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ