地下鉄駅構内に生息する昆虫について(II)-排水溝の水生動物- The Insects Inhabit the Subway Station Premises(II)-The Aquatic Animals in the Drains-

この論文をさがす

抄録

1994年12月~1995年2月と1995年5~7月に,東京都内の地下鉄駅構内の排水溝において,昆虫と水生動物の生息の有無を確認した。その際,一部の排水の水温と水質を検査した。排水溝で生息を確認した昆虫は,セスジユスリカ幼虫,オオチョウバエ幼虫,ホシチョウバエ幼虫であり,水生動物は,サカマキガイ,ミズムシ,イトミミズであった。排水溝の周辺ではセスジュスリカ,オオチョウバエ,ホシチョウバエの各成虫とザトウムシが確認できた。水生動物が生息していた排水は,そうでない排水より有機物や窒素成分が多い傾向があった。排水溝で確認した昆虫と水生動物は,生物学的水質階級のα中腐水性から強腐水性に生息する種類であった。その侵入経路については都市河川や下水道が関係すると思われる。

収録刊行物

  • 家屋害虫

    家屋害虫 17(2), 131-138, 1995-12-01

    家屋害虫研究会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007724104
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10366877
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0912974X
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ