小麦粉に混合したヒラタチャタテの摂取における体調への影響 Influence of administration of wheat flour containing booklice, Liposcelis bostrychophila Badonnel

この論文をさがす

著者

抄録

ヒラタチャタテ(Liposcelis bostrychophila Badonnel)を誤食した場合のヒトの体調への影響について知見を得る目的で,ヒラタチャタテの摂取試験を実施した.健常者8名(男性)は,小麦粉に混合したヒラタチャタテ成虫1,250頭を油で揚げた被験食を1日1回,3日連続で摂取した.その結果,摂取の前後において血圧,血液検査における指標はいずれも基準値の範囲内で,有意な変動は見られなかった.医師による問診においても異常は見られず,チャタテムシを摂取した場合の健康への影響は極めて低いことが示唆された.

This test was to evaluate the influence on physical condition of ingesting large numbers of booklice, Liposcelis bostrychophilus Badonnel, fried with wheat flour. Eight adult men were given 1,250 booklice on three consecutive days. Their blood chemistry and pressure, measured before and after ingesting the insects, proved to be within the normal ranges. No sign of any irregularity was detected in the medical checks, suggesting that ingestion of L. bostrychophilus has little or no effect on human health.

収録刊行物

  • 家屋害虫

    家屋害虫 29(1), 49-53, 2007-06

    日本家屋害虫学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007724304
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10366877
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0912974X
  • NDL 記事登録ID
    8879697
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1952
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ