言語の生涯習得モデルによる共通語化予測 Predictions of Dialect Standardization by the "Life-long Assimilation of Language Change" Model

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

山形県鶴岡市で進行中の共通語化について,将来の動向を予測する統計モデルとして言語の「生涯習得モデル」を作成し,その妥当性を論じた。このモデルは,「ある地域の言語変化の動態は,地域住民の脳内に生涯にわたって蓄積される言語記憶や言語運用能力の経年変化を反映している」という仮説のもと,「臨界期記憶+調査年効果→共通語化」という図式にしたがって共通語化を説明・予測する。鶴岡市において経年的に約20年間隔で過去3回実施された調査のデータをこのモデルで解析した結果,アクセント共通語化などにおいて予測値と観測値が精度よく一致することが示され,アクセント共通語化の進行速度が次第に加速していった状況などが統計学的に実証された。このモデルの提唱は,言語変化の経年調査データを新たな視座から検討する契機になるものと考えられる。

Using data regarding dialect standardization from Tsuruoka City, Yamagata Prefecture, the "life-long assimilation of language change" model is constructed to quantitatively predict language trends, and the validity of the model is discussed. The life-long assimilation of language change model is a theory that a regional dynamic change of language reflects a change over the years in the linguistic memory traces which are accumulated in the brains of the local residents during their lives. The theory explains that memories in the linguistic critical period and the social environment of the survey year cause the standardization of the dialect, and it also predicts dialect standardization. Employing this model, we analyzed longitudinal survey data of Tsuruoka City which was collected three times in twenty years intervals and statistically confirmed that the standardization of dialect in Tsuruoka City has accelerated because observed data approximate predicted data in the model. This model provides an opportunity to reconsider stored longitudinal survey data regarding language change from a new viewpoint.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 6(2), 31-45, 2010

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007730135
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    10636962
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ