福祉国家の思想的原理としての社会的連帯の再編をめぐる一考察 : 人称の連帯の再編に注目して Social Solidarity and the Welfare State : The Need for Realignment of Personal Solidarity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は,福祉国家が新たな危機に直面しているとの認識の下,その危機への対応には社会的連帯を再編することが欠かせないことを議論するものである.すなわち,社会的連帯を基盤とした社会保障制度を核として脱近代化=脱工業化がもたらした社会の問題に対応してきたのが20世紀型福祉国家であったが,社会的連帯が著しく後退した今日,福祉国家の基盤が揺らいでおり,福祉国家は家族,地域,企業という社会システムが変容するなかでもたらされた新しい社会的リスクに対応できないでいる.したがって福祉国家の再編にはその思想的基盤としての社会的連帯の再編が不可避である.その際,人称の連帯の再編のあり方を探ることが求められるが,一方で非人称の連帯としての社会保障制度の後退を見過ごさないことも重要である.人称の連帯の再編にあたっては,親密圏の再編の構想を枠組みとして用いながら,支え合いのシステムの可能性を探ることが実際的である.

The welfare state has been negatively affected by the emergence of new social challenges. This article explores the necessity for a realignment of social solidarity, in order to reconcile such risks. Welfare states in the 20^<th> century were created to address the demands which emerged in post-modern and post-industrial societies. In recent years, however, an undermining of social solidarity has resulted in the erosion of the structure of welfare states. Accordingly, they have become unable to respond to new social risks, which have emerged due to transformation of families, communities, and workplaces. This article argues that social solidarity, as one of the core principles of social welfare, should be realigned in order to restructure welfare states. In particular, in addition to examining the sustainability of the impersonal solidarity of the social security system (that is solidarity at the systemic level), exploring possible methods of realignment of personal solidarity (at the family, community and workplace level) is inevitable. One possible effective strategy for the realignment of personal solidarity is a building mutual aid system, using the idea of intimate spheres.

収録刊行物

  • 社会福祉学

    社会福祉学 50(4), 3-15, 2010

    一般社団法人 日本社会福祉学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007730578
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00314800
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0911-0232
  • NDL 記事登録ID
    10606387
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-275
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ