社会事業理論の4類型と方向性 : 1938~1945年の『社会事業』から Four Types and Courses of Social Work Theories : Analysis of Shakaijigyo (Social Work), 1938~1945

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大河内の社会事業論では社会事業の対象を「経済秩序外的存在」と限定し,社会事業に対する科学的根拠のない伝統の破棄が述べられた.本稿では大河内の社会事業をとらえる科学と対象者限定の視点に着目し,その対抗軸として伝統と対象者の拡大とをおき,科学/伝統,対象者の限定/拡大という枠組みから,当時の社会事業の捉え方に関する総合的視点を提示した.これら2つの軸から,当時の理論は科学性を重視し対象を拡大する「普遍拡散型社会事業」,伝統を重視し対象を拡大する「伝統融合型社会事業」,伝統を重視し対象を限定する「慈善型社会事業」,科学性を重視し対象を限定する「科学的固有型社会事業」に分類できた.「普遍拡散型」は社会改造運動,「伝統融合型」は厚生事業,協同組合運動など,「慈善型」は人格的保護や応急的保護,個別的救済など,「科学的固有型」は社会的文化施設,ケース・ワークなどと社会事業の方向性をとらえていた.

Of Social work theory, Okochi (1938) said that the application of social work is out of the economic order and that we must annul this unsound tradition. On the basis of this idea of Okochi, this paper uses the framework of science and tradition and the restriction and expansion of applicant, and synthesizes previous reviews in order to propose a comprehensive viewpoint for the understanding of social work theories in 1938〜1945. In this framework, these theories can be classified into four types; "universal expansion theory", "adopted traditional theory", "charity theory" and "scientific characteristic theory". Regarding the course of social work, the first type shows social reform movement, the second type means welfare activity and the establishment of cooperative order, the third type is individual protection, and the last type shows social cultural institutions, housing and health policy, case work and so on.

収録刊行物

  • 社会福祉学

    社会福祉学 50(4), 29-41, 2010

    一般社団法人 日本社会福祉学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007730580
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00314800
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0911-0232
  • NDL 記事登録ID
    10606492
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-275
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ