児童養護施設入所児童が語る施設生活 : インタビュー調査からの分析 Analysis of the Quality of Life in an Institution for Maltreated Children : Based on Interviews with and Narratives of Children

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,児童養護施設入所児童を対象に行った,施設生活に関するインタビューの結果から,子どもたちが児童養護施設や職員に求めている生活の質,支援,役割について明らかにすることである.C児童養護施設(A県B市)の入所児童10人を対象に1対1の半構造化面接によってインタビューを行い,データを分析した.その結果,多くの子どもが,実家庭とは異質な施設生活に満足や喜びを感じており,物的環境の充実が子どもに与える影響の大きさが明らかになった.しかし,その一方で,施設生活の質の高さに満足すると同時に,多くの子どもが「できれば実家に帰りたい」という葛藤を持ち続けている実態も明らかとなった.また,子どもの感じる施設生活への満足度の高低には,子ども自身が施設内の人間関係をどうとらえているかが影響していることが明らかとなり,人間関係構築やコミュニケーションにおける職員の資質や力量が重要となることが分かった.さらに,多くの子どもが施設入所前/入所時の不安について語っており,アドミッション・ケアの充実の必要性が示唆された.

This study aims to clarify what children living in a children's home in Japan require for their quality of life, support and role of workers. Author held semistructured interviews with 10 children in a children home. The data showed four things below: (1) many children were happy and satisfied with the institutional life because of the good quality of the physical environment; (2) they had been conflicted in their desire to live with their biological families; (3) how children recognized human relations in the institution had an impact on the degree of satisfaction, and (4) many children were afraid during the admission process. For these results, author suggested three things; (1) the physical environment is essential to the quality of life in the children's home; (2) the human-relation making skills or competency of workers is the key to improving children's satisfaction level, and (3) good quality admission care is sincerely required.

収録刊行物

  • 社会福祉学

    社会福祉学 50(4), 82-95, 2010

    一般社団法人 日本社会福祉学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007730584
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00314800
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0911-0232
  • NDL 記事登録ID
    10606761
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-275
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ