図書館商議会の運営からみる東京帝国大学図書館の中央と部局の関係 The Relationship between the Central Library and the Department Libraries in the Imperial University of Tokyo in Terms of the Operation of Library Committee

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は東京帝国大学図書館を対象に,図書館商議会の運営及び中央と部局の関係を中心とした図書館組織について,一次資料の検討を中心に歴史的に検討した。東京帝国大学では特に1918年以降は学部所蔵の図書については学部と附属図書館両者が権利をもつ曖昧な管理体制となっていた。こういった状態の中で,学部の意図を附属図書館の運営に反映するために設立された図書館商議会でも,附属図書館の運営以外にも部局と中央の関係が議題として取り上げられるようになっていた。行われていた議論からは,東京帝国大学の図書館組織が,中央から部局ではなく,いくつかの部局からの中央へのコントロールという側面が強いものであったことが考察された。

The purpose of this study is to clarify the operation of library committee and the relationship between the central library and the department libraries in the Imperial University of Tokyo from a historical perspective. Collection in the department libraries was managed by both of the central library and the department libraries on their own. The library committee, which was established to reflect the counsel of the departments with management of the central library, have discussed about not only management of the central library but also the relationship between the central library and the department libraries after the Great Kanto Earthquake at the latest. From the discussion in the committee, we conclude that the central library did not have strong control over the department libraries, but some departments would like to have control over the central library.

収録刊行物

  • 日本図書館情報学会誌

    日本図書館情報学会誌 56(3), 131-146, 2010

    日本図書館情報学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007811679
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11333306
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13448668
  • NDL 記事登録ID
    10842965
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-133
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ