カラーカメラを用いた天体観察学習の研究 : インターネット望遠鏡や星座カメラi-CAN等を利用して  [in Japanese] Research of teaching astronomical observation using a color camera : Using the Internet telescope, constellation camera i-CAN, etc.  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

学校教育における天体観察は、取り組みにくい現状があったが、星座カメラi-CANやインターネット望遠鏡が開発され、パソコンの画面を通してであるが、リアルタイムに天体観察の学習を行うことができるようになってきた。しかし、インターネット望遠鏡を利用した学習では、白黒画像による学習が中心であった。ところが、最近ではワンショットでカラーの天体撮影ができる望遠鏡もできてきた。その結果、リアルタイムで星座の学習をしながら、その一部分をカラー画像のまま拡大、観察することも可能となった。実践した授業により、カラー画像を用いたリアルタイムによる学習は白黒画像よりも、情意面が活性化されて児童が豊かに表現するようになり、また星の違いを理解することも深まることが示唆された。

Up to now the teaching of astronomical observation in school was quite difficult. Since the constellation camera and the Internet telescope have been developed (they produce images through on the screen of personal computer) astronomical observation can be learned in real time. Previously the Internet telescope was used and it only produced monochrome picture. Today, however, telescope performing astronomical photography can produce color images with one shot. As a result it is now possible to observe enlargement of parts of color image in real time. It is now suggested that the use of color images, rather than monochrome images, will stimulated much more interest among pupils and help them increase their understanding of the differences produced in these color stellar images.

Journal

  • Journal of research in science education

    Journal of research in science education 50(2), 149-158, 2009-11-06

    Society of Japan Science Teaching

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007811709
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11406090
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    13452614
  • NDL Article ID
    10492066
  • NDL Source Classification
    ZF9(教育--各科教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1282
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top