先延ばし意識特性尺度の作成と信頼性および妥当性の検討 Development, reliability, and validity of a scale of awareness of procrastination

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,大学生が学業課題を先延ばししたときに,その前・中・後の3時点で生じる意識の感じやすさを測定する先延ばし意識特性尺度を作成し,その信頼性および妥当性を検討することであった。研究1では,先延ばし意識特性尺度の作成と尺度の内的整合性および構成概念妥当性の検討を行った。研究2では,尺度の再検査信頼性の検討を行った。探索的因子分析によって先延ばし意識特性尺度の7因子構造が採択され,確認的因子分析でその構造の妥当性が確認された。同尺度とこれまでに作成された先延ばし特性尺度との関連から弁別的証拠が,同尺度と認知特性,感情特性との関連から収束的証拠が得られ,構成概念妥当性が確認された。先延ばし意識特性尺度と他の尺度との関連から,否定的感情が一貫して生起する決断遅延,状況の楽観視を伴う習慣的な行動遅延,気分の切り替えを目的とした計画的な先延ばし,の3種類の先延ばし傾向の存在が示唆された。考察では3種類の先延ばし傾向と先行研究との理論的対応について議論され,学業場面の先延ばしへの介入に関する提言が行われた。

The present study reports the development and confirmation on a scale of awareness of procrastination. The scale measures awareness in 3 time periods in which college students show academic procrastination. In Study 1, the scale was developed, its validity confirmed, and its internal consistency checked. In Study 2, the scale's test-retest reliability was confirmed. Explorative factor analysis revealed 7 factors. Confirmative factor analysis supported the 7-factor structure. The relation between this scale and other procrastination scales verified its discriminant validity, and its relation to personality verified its convergent validity. The scale described 3 types of procrastination: (a) decisional procrastination with negative emotions, (b) behavioral procrastination with optimistic thinking, and (c) well-planned procrastination for emotional change. Treatments for procrastination were also discussed.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 58(3), 325-337, 2010-09

    日本教育心理学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007817684
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    10858977
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ