欧米のピアノメーカーの歴史--ピアノの技術革新を中心に  [in Japanese] The history of piano maker's innovation in Europe and the US  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

初期のピアノにはウィーン式とイギリス式の2つのアクションが存在していたが,イギリスと大陸を行き来する音楽家を介して双方のよさを取り入れたピアノが開発されるようになった.イギリスを中心としたヨーロッパのピアノ製作は伝統にこだわる一方で,アメリカでは積極的な技術革新が進められ,世界のピアノ生産の中心はアメリカに移っていった.本稿では欧米の主要ピアノメーカーを中心に,19世紀の終わりに完成したピアノという楽器の技術革新の過程を振り返る.

Journal

  • Kyoto management review

    Kyoto management review (17), 1-25, 2010-10

    Kyoto Sangyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007860938
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1167166X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13475304
  • NDL Article ID
    10971490
  • NDL Source Classification
    ZD25(経済--企業・経営--経営管理)
  • NDL Call No.
    Z71-H518
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top