スギカミキリの生態と防除に関する研究の現状 Recent advances in the study of biology and management of the cryptomeria bark borer (Semanotus japonicus)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スギカミキリは健全なスギ生立木に寄生して、大きな食害痕を残して材質と材価を低下させ、枯死させることもあるスギ人工林の最も重要な害虫のひとつである。スギ生立木におけるスギカミキリの主要な死亡要因はスギが分泌する樹脂と寄生バチなどの天敵である。多くのスギ林でスギカミキリの生息は5〜10年生時に始まり、10〜20年生時に個体数のピークを迎えて、その後減少してゆく。標高の低い土地の林ほど、また肥大成長量の大きな林はビスギカミキリ被害が激しい。スギカミキリ抵抗性育種事業により抵抗性木が選抜されており、その種苗の供給が待たれている。さまざまな防除手段が試行されているが、実用的な防除法は確立されていない。スギカミキリ防除法の確立のために取り組むべき研究方向についても考察した。

Semanotus japonicus is the most severely damaging pest of Cryptomeria japonica plantations. Larvae of S. japonicus feed on the inner bark and sapwood, causing heavy losses of wood quality and price and occasional tree mortality. Resinosis by host trees and attack by natural enemies such as parasitoid wasps dominate as larval mortality factors. Populations of S. japonicus are usually established in C. japonica plantations 5-10 years after planting, reach peak abundance when the plantations are 10-20 year-old, and subsequently decline rapidly. Plantations located at lower altitudes and with larger radial increment are more susceptible to the infestation by S. japonicus. Trees resistant against S. japonicus have been selected in an extensive breeding program and their offsprings will soon be supplied. Although several preventive and control measures are proposed, the practical effectiveness of these measures has not been confirmed. Finally, potential directions for future research are discussed.

収録刊行物

  • 樹木医学研究

    樹木医学研究 4(2), 63-71, 2000-09-30

    樹木医学会

参考文献:  61件中 1-61件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007861113
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11493506
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13440268
  • NDL 記事登録ID
    5695648
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z74-B105
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ