HMMを用いた手話単語を構成するサブユニットの自動生成手法 Automatic Generation of Word Level Subunits for Japanese Sign Language Using HMM

この論文をさがす

著者

    • 有賀 光希 ARIGA Koki
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology
    • 酒向 慎司 SAKO Shinji
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology
    • 北村 正 KITAMURA Tadashi
    • 名古屋工業大学大学院工学研究科情報工学専攻 Department of Computer Science and Engineering Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology

抄録

手話は,複数の細かい動作(サブユニット)の逐次的な組み合わせにより表現されており,これらの動作は異なる手話間で共有できると考えられる.ここでは単語間の類似動作を分類する方法として,単語単位で学習された複数の隠れマルコフモデルの全状態をクラスタリングすることでサブユニットを生成する.単語認識タスクを考えた場合,個々の手話単語モデルをサブユニットの連結により構成する.単語間で共有構造を用いることで,単語単位で学習する場合に比べてモデル当りの学習データ数をより多く確保できるという利点がある.また,手話は発話ごとに動作の振る舞いが大きく異なる可能性があるため,同じ単語でも複数の動作遷移パターンが考えられる.よって手話認識においても,このような性質を反映させて扱えるような,より詳細化されたモデル構造の生成が望まれる.このような観点から,本研究では複数の発話間で類似する部分のみを共有し,それ以外の部分はその発話固有の遷移パターンとして扱うことが可能であるような状態遷移構造の自動生成手法を提案し,認識率の向上をはかる.

Sign language is constructed by sequentially-concatenated subunits, which are constituent element shared over some sign words. All subunits are self-organized from data itself by clustering many states of Hidden Markov Model. And, each sign motion may vary every time signer performs, even if these are same word. So we should use a model topology considering these aspect. In this report, we describe a method of constructing various transitional topology of word HMM by sharing common segment over some words sequence. This topology is created by using subunuit for sign language recognition.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 109(358), 1-6, 2010-01-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007867129
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    10553216
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ