歯面改質剤の細胞毒性 Cytotoxicities of Tooth Surface Modifying Agents

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森 梨江 MORI Rie
    • 神奈川歯科大学口腔治療学講座保存修復学分野 Division of Restorative Dentistry, Department of Oral Medicine, Kanagawa Dental College
    • 大橋 桂 OHASHI Katsura
    • 神奈川歯科大学口腔治療学講座保存修復学分野 Division of Restorative Dentistry, Department of Oral Medicine, Kanagawa Dental College
    • 二瓶 智太郎 NIHEI Tomotaro
    • 神奈川歯科大学口腔治療学講座保存修復学分野 Division of Restorative Dentistry, Department of Oral Medicine, Kanagawa Dental College
    • 寺中 敏夫 TERANAKA Toshio
    • 神奈川歯科大学口腔治療学講座保存修復学分野 Division of Restorative Dentistry, Department of Oral Medicine, Kanagawa Dental College

抄録

本研究室では,細菌性プラークの付着,形成ならびに脱灰を抑制し,齲蝕および歯周疾患を予防することを目的として歯面改質剤を開発,研究を進めてきた.これまでに,長いフッ化炭素鎖をもつシランカップリング剤1H,1H,2H,2H-henicosafluorododecyltriisocyanatosilane(10F2S-3I),リン酸エステル塩型ハイブリッド界面活性剤sodium 1-(4-heptadecafluorooctyl-phenyl)hexylphenylphosphate(FH5),ならびにセルフエッチング効果のある新規界面活性剤1-[4-(perfluorooctyl)phenyl]hexylphosphate(F8H5P)を用い,エナメル質表面を改質することが可能であると報告した.今回は,これら改質剤の生体為害作用の有無を細胞毒性試験により評価した.20mmol/lに調製したFH5およびF8H5P,さらに3mmol/lに調製した10F2S-3Iで表面を改質したハイドロキシアパタイトディスクを細胞培養液に浸漬し,72時間,37℃,5%炭酸ガス培養器内に入れ抽出した.その後,抽出液のみを取り出し,これを100%抽出液とし,さらに培養液で2段階希釈し50%および25%試験液とした.培養は24ウェルマルチウェルプレートの各ウェルに1×10<sup>2</sup>/mlに調製したチャイニーズハムスター肺由来繊維芽細胞を0.5mlずつ播種し,5%炭酸ガス培養器内にて18時間培養した.培養後,100%抽出液または各濃度の試験液0.5mlを加え培養し,5日後にギムザ染色を行った.細胞毒性評価は,50%コロニー形成阻害濃度(IC<sub>50</sub>)を求めた.その結果,FH5のIC<sub>50</sub>は75%であった.F8H5Pおよび10F2S-3Iは100%抽出液においても細胞のコロニー形成を阻害せず,IC<sub>50</sub>は>100%であった.したがって,F8H5Pと10F2S-3Iには細胞毒性が認められなかった.

We have considered that decreasing the surface free energy of the tooth surface may contribute to the prevention of caries and periodontal disease. We have successfully synthesized 1H, 1H, 2H, 2H-henicosafluorododecyltriisocyanatosilane (10F2S-3I) of the silane coupling agent having a fluorocarbon chain and two novel phosphate-type hybrid surfactants sodium 1-(4-heptadeca-fluorooctylphenyl) hexylphenylphosphate (FH5) and 1-[4-(perfluorooctyl)phenyl] hexylphosphate (F8H5P). Each modifier was effective in decreasing the surface free energy of the enamel surface. In this study, we investigated the cytotoxicities of these modifying agents. The cytotoxicities of various modified agents were evaluated according to 50% inhibitory concentration (IC<sub>50</sub>). The IC<sub>50</sub> value of FH5 was 75%. The IC<sub>50</sub> values of F8H5P and 10F2S-3I showed more than 100% respectively. It suggested that FH5 has slight cytotoxicitiy, and F8H5P and 10F2S-3I have no cytotoxicities.

収録刊行物

  • 日本歯科保存学雑誌

    日本歯科保存学雑誌 53(3), 238-243, 2010

    特定非営利活動法人 日本歯科保存学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007880730
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191201
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0387-2343
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ