子音クラスタ中への母音添加 : EMAによる研究  [in Japanese] Vowel Epenthesis in Consonant Clusters : An EMA Study  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 藤本 雅子 FUJIMOTO Masako
    • 国立国語研究所 コーパス開発センター Center for Corpus Development, National Institute for Japanese Language and Linguistics

Abstract

子音クラスタ中への母音添加の機序にっいてEMA(Electromagnetic articulograph)を用いて研究を行なった。子音クラスタが原則的に存在しない目本語では、話者は子音クラスタ中の第1子音調音時に、第2子音調音のための準備を行なっていない可能性が推察された。一方、子音クラスタが存在するドイツ語では、話者は第1子音調音時に、第2子音調音のための準備を行なっていた。日本語母語話者では、第1子音調音から第2子音調音までの舌先の動きが大きく移動時間も長く第1子音調音時に第2子音調音の準備が行なわれているとは言い難かったが、ドイツ語母語話者では舌先の動きは小さく、移動時間も短く第1子音調音時に第2子音調音の準備が行なわれていた。言い換えると、日本語では第1子音と第2子音の調音結合がドイツ語に比べて弱いことが示唆された。さらに、子音クラスタ中への母音添加は、クラスタの第1子音から第2子音への舌先の調音運動量が大きいことおよび声帯振動が第2子音の調音完了前に生じることの2っの要因の複合により生じている可能性が示唆された。

We investigated the mechanisms of vowel epenthesis in consonant clusters using electromagnetic articulograph (EMA). Results showed that tongue tip displacement from first consonant to second consonant was larger and takes longer moving time for Japanese subjects than for a German subject. These results suggest that Japanese, whose language has no consonant clusters, did not prepare for the next consonant when they articulated the first consonant in a consonant cluster. In contrast, German, whose language has rich variety of consonant clusters, prepared for a next consonant during the first one in a consonant cluster. In other words, coarticulation is weaker for Japanese speakers than German. Moreover, these results suggested that vowel epenthesis in consonant clusters arose from multiple factors, larger tongue tip movement from first to second consonant and mistiming of vocal cords vibration.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 110(71), 65-70, 2010-06-03

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007890738
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10164817
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    10752870
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top