ピアノ名演奏の演奏表現情報と音楽構造情報を対象とした音楽演奏表情データベースCrestMusePEDBの構築 Performance Expression Database: CrestMusePEDB ver.1.0/2.0

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

音楽研究用のデータベースは近年の音楽情報検索技術の発展とともに整備されつつあるが,音楽の印象を決定づけるうえで重要な役割を担っている演奏表情を扱った共通データベースは,一部の民俗音楽学を対象とするものに限られてきた.我々は,音楽情報科学,音楽知覚認知,音楽学などにおける共通研究基盤の構築を目的として,伝統的西洋音楽におけるピアノ演奏を対象とした演奏表情データベースCrestMusePEDBの作成を進めている.現在,ver.1.0/2.0として計60演奏に対する演奏表情データが用意され,本データベースを利用した連携プロジェクトも開始された.本論文では,音楽演奏表情データベース構築上の課題を整理したうえで,CrestMusePEDBの概要,演奏表情データの作成手順について述べ,現在の利用状況,応用領域,課題について議論する.Music databases have been provided actively, with the progress of MIR technologies. However, the number of databases dealing with performance expression is small. Performance expression is one of the most important factors for formulating impressions of music. We have been preparing a music expression database called CrestMusePEDB, as it will be utilized in the research fields of music informatics, music perception and cognition, and musicology. The version 1.0 of the database including 39 performance deviation data has already been established, and more 21 ones are added as the version 2.0. In this paper, we introduce the CrestMusePEDB overview, the data-format and how the database is created. And we report the current situation and discuss the future works.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 50(3), 1090-1099, 2009-03-15

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007970401
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ