動作同期型調理ナビゲーションのためのユーザ適応型調理タスクモデル A User Adaptive Task Model of Cooking for A Cooking Navigation System Synchronizing with Action

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿ではユビキタス環境における調理ナビゲーション実現のための調理のモデル化手法について述べる.調理ナビゲーションシステムとはユーザの調理の進行状況を認識し,それに応じた適切なレシピを提示して調理を支援するシステムである.システム実現にあたり,ユーザが複数品目を同時に調理する際の状態認識が課題となっている.このような状況下ではユーザが自分の都合で調理手順を頻繁に変更することがありうるため,現在どの料理のどの調理手順が実行されているかの認識が困難である.加えて複数の調理手順が並列に実行され,異なる調理手順に起因するイベントが混在して観測されるという問題がある.これらの問題に対処するため,フローグラフとUMLステートマシン図を組み合わせたユーザ適応型調理タスクモデルを提案する.提案モデルを用いた調理支援システムを実装し実際に調理実験をしたところ,提案モデルが調理の状態認識に有効であることが確認できた.We describe a model of cooking for a cooking navigation system using a ubiquitous sensing environment. Our cooking navigation system recognizes the state of user's cooking and shows a recipe suitable to the situation. We have essential issues to recognize the state of cooking. People usually cook multi menu simultaneously. In this situation, the order of operations is rearranged according to user's convenience. Therefore, it is hard to recognize the cooking operation that is currently processed by a user. Moreover, some operations are processed concurrently, and events caused by different operations are interleaved. We developed a user adaptive cooking task model with flow graphs and state machine diagrams to resolve these problems, and we implemented a cooking navigation system using our model. Then we experimented with the system, and confirmed the effectiveness of recognition of user's cooking state using the model.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 50(4), 1299-1310, 2009-04-15

    情報処理学会

被引用文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007970422
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    024208212
  • NDL 請求記号
    YH247-743
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ