スライド提示型プレゼンテーション方法論の拡張手法を定量的に評価する研究 Quantitative Metrics for Extended Methods of Slide-based Presentation Methodology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本論文では,現在一般的に行われているスライド提示型プレゼンテーション方法論について,その特徴を表す新しい定量的指標を提案する.提案指標は,「準備した順に発表資料を提示しているか」および「発表者と聴衆がどれくらい離れたところを表示しているか」を数値的に表現するものである.この指標を用いることで,プレゼンテーションの改善を図る様々な拡張手法を定量的に評価することが可能となる.さらに,提案手法を算出可能なプラットフォームシステム,Borderless Canvasを開発する.大学院講義における運用を通じて提案指標の算出と可視化例,解釈例を示し,指標の有効性と限界,適切な適用方法を議論する.In this paper we propose quantitative metrics to enable discussing the effectiveness and the limitations of extended methods of slide-based presentation methodology, which is widely used and studied today. We define metrics to estimate such as "how the presenter follows the prepared sequence of topics" and "how the presenter's behavior and every member of the audience's behavior differ." Then we develop a ZUI multi-display discussion software, Borderless Canvas, as a platform for calculating the metrics. The result of a situated datataking in a graduate school class for a semester shows an example usage of the metrics and their interpretation. Based on this, we discuss their effectiveness and limitation to apply them to evaluate extended methods of slide-based presentation methodology.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 51(2), 391-403, 2010-02-15

    情報処理学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007970647
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    024196254
  • NDL 請求記号
    YH247-743
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ